主夫だからパートをやっているにすぎない

主夫だから、パートをやっているにすぎないのだ。保育園へ息子の送り迎えをしたり、洗濯物をたたんだり、風呂掃除をしたり、ご飯を炊いたりしなければならないので、夕方4時頃くらいまでとお願いしているにも関わらず、上長はどう考えても、通常業務で夕方4時までで手一杯なのに、いろいろと仕事を頼んでくる。結局、夕方5時くらいになり、息子の迎えが遅くなり、息子に申し訳なく思っている。午前8時頃から、夕方5時半過ぎまで保育園に居るので、見たいテレビも見られず、お菓子も食べられず、本当に、息子が不憫に思えてくる。だから、私はフリーターという存在ではない。兼業主夫だと思っている。
主夫でなければ、どこか正社員になろう、とハローワークに申し込むのだ。
確かに、今の職場は、男手が足りない、というか、上長である社員とその他、配送の人と、メンテナンスの人と年配の方がいるだけなので、力仕事やら雑用を頼みやすい存在に思われているかもしれない。
症状は改善してきているので、夕方4時が5時になっても身体への影響はないが、息子の迎えが遅くなるので、息子にただ、申し訳なさを感じている。また、1人で家で待っている娘にも申し訳ない、と思う。
また、明日も夕方5時近くになるのかもしれないな。
まあ、正社員になったら、もっと働くんだろうな。
夕方5時位なら、まぁ、いいか。
[PR]
# by asai23 | 2006-10-25 19:00 | 生活

どうしても、自分のやりたいことではないので、かなり苦しい

かなり、わがままかもしれないが、今の仕事が、どうしても、自分のやりたいことではないので、かなり苦しい。
しかし、多くの人たちは、自分の希望とは別に収入源確保のために働いているのだろう。私は、そのように割り切っても、やはり、という気持ちが強く、いつも、早く、仕事が終わらないかな、と思っている。6時間でも辛い。
私は、自分のやりたい仕事がみえてきた。書店の運営である。
どこか、就職してではなく、独立開業で考えている。
40歳目前の男を雇う書店はない、と思う。
だから、できそうにもない夢に賭けるしかない。
構想は、具体的にまだ、煮詰まっていないが、開業資金は5000万円はいるだろう、と思う。
まだ、考えはじめたプランは、フランチャイズ加盟である。フランチャイズ加盟は屋号を使えるので、仕入れに約立つと思う。
想定しているお客は団塊の世代である。
それに見合う商品を揃えればよいのである。
今、考えているフランチャイズ加盟の書店の客層とはかけ離れるが、団塊の世代をターゲットにするのは、自分ではいいと思っている。
店には、ビーチ・ボーイズ、ビートルズが流れ、本は藤沢周平、浅田次郎…だったりする。
当然、コミックも力を入れる。
白子三平、水木しげる、…などである。
是非、本屋を開きたい。
[PR]
# by asai23 | 2006-10-23 19:31 | 生活

少し持ち直す

今週、月、火が頭痛と吐き気があり、仕事の能率も落ち、一体、この作業は終わるのだろうか、とまで、不安になった。
今日は、やっと持ち直したが、少し、まだ頭痛がある。頭痛というか、肩こりがひどくて、その影響で頭痛かもしれない。
いつも、いつも、現在の仕事をしていて、一体、この先、どうなるのだろうか、という不安だらけで生きている。
本当に、今のままでパートで妻の扶養に入ったままで、いいのだろうか。
もう、今月で39歳になる。
本当にこの歳の男がパートでいいのだろうか。
私は、出版社の営業と書店員をした、というスキルがあるので、それを活かしたい。
しかし、この歳では、書店などに就職は難しい、と思う。
このまま、朽ち果てていく感じだ。
だが、再起を図りたい。
再起を図れるような軌道にのれたら、おそらく、たまの頭痛や吐き気も消えるはずだと思う。
そんなに甘くないかな。
本当に、本当に、将来の展望がみえない。
妻に申し訳なくなってくる。
子ども達にも申し訳ない。
なんとか、今日は、少し、持ち直してきたので、現在の仕事は、やり過ごして、将来の展望がみえる仕事がみつかるまでの待機期間と思い、チャンスを待つしかない。
40歳までに決着をつけたい。
[PR]
# by asai23 | 2006-10-18 19:18 | 体調、心

ちょっと頭痛と吐き気

今日は、ちょっと頭痛と吐き気がした。
仕事をしながら耐えた。
単調作業なので、精神的にダメージはないが、能率が上がらず、かなり、凹んでいる。
上長は、まだ、これくらいしか進んでいないのか、という目でみて、ますます落ち込んだ。
まして、自分に与えられた作業は、本当に単調な作業なので、こんなことがこんなにかかるなんて、と自分でも嫌になった。
吐き気は、今日の朝からあり、頭痛は仕事をしていくと、段々としてきて、実際に吐きたくなる気分になり、耐えた。
今は、胃が痛い。
気分転換に音楽を聴いている。ヘレン・メリルを流している。ささやくような静かな感じで歌うので、本当に心がリラックスできる。
仕事中も音楽を聴きたくて、聴きたくて、やっと聴けた。
だが、胃が痛い。
明日に残さないようにしたい。
単調な仕事なら耐えられるはずだ。
頑張るしかない。
また、明日も、音楽を聴きたくて、聴きたくて、仕事中、思うのだろう。
仕事中も音楽が聴ける仕事がいいな、とも思えてきた。
しかし、それも夢だな。
音楽を聴ける仕事についても、流行歌を流されて嫌になるだろう。
とにかく、明日も、明後日も、頭の中でメロディーを流して頑張ろう。
[PR]
# by asai23 | 2006-10-16 19:29 | 体調、心

生きていくのが辛い

生きていくのが辛い。
パートの仕事ではスキルやキャリアを作れないし、毎日、単調な仕事で、腕に身につかない。
このように思うと、本当に生きていくのが辛くなってくる。
40歳までに決着をつけないと、一生、下層住民のままだ。
結局、うつになり休職し、前職を退職したので、このことがいけなかったのかもしれない。
しかし、いつも、調子がよくなって、復帰しダウンしていた。
病み上がりは、現在のような単調な仕事をしていくしかないのか。
下層住民とはいっても、パソコン、テレビ、ビデオ、CDコンポ…などがあるし、箪笥などもあるので、凄い貧乏ではないが、貯蓄が少ない。このままでは本当に不安だ。
いつも働きながら、生きていくのが辛い、と思っている。
なぜ、こんなことをしなければならないのか。それは、私が、うつで、退職して、やっとありついた仕事が現在の調理工場である。
この年になると、過去のことを後悔してしまう。
なぜ、最初に入った、出版社を辞めてしまったのか。倒産すれすれで、収入が少なく、それでは将来が見えなかったからだ。しかし、今、考えると、辞めなかった方がよかったのかもしれない。そんなことを悔やんでも仕方がない。
問題はこれからだ。
どう展望を作るか。
頑張って這い上がりたい。
そして生きていくのが楽しくなりたい。
[PR]
# by asai23 | 2006-10-13 19:06 | 体調、心

10/6~10/11まで生産中止で休みだった

10/6~10/11まで生産中止で休みだったので、勤務が月13日になってしまった。そして、今日、会社から電話があり、当初、休みの10/16は生産を行なう、ということだった。これで14日になる。
今の勤務先は、社員食堂が安くて美味しいので、それは凄い魅力的だが、正社員は凄く働いている。午前7時頃出社して、午後7時位に帰る。それくらい、働かないと、いけないのだろうか。今のところで働きが良くて、正社員へのオファーがあったら、喜んで引き受けるつもりだが、しかし、12時間も働けるのだろうか。
以前、勤務していた書店では、確かに12時間以上、働いていたので、それで体調も崩したので、また、体調を崩すのではないか、と思う。そう考えると、正社員へのオファーが仮にあり、そして、正社員で働いても、やっていけるか不安である。
だから、今は、当分、パートとして、滞留し続けているのだが、こういう不安定なことでは、非常に将来像が覚束ない。
本当に自分の人生、棒に振っているようなよう気がしてきて、自分が情けなくなってくる。
30代が圧倒的に「心の病」を抱えている層なので、私のような人もいるのだろう。
うつだから、到底、楽観的になれないが、今は、回復してきて、楽観的だが、しかし、足元が地に着いていないようで、いつ、ホームレスになってもおかしくないような状況である。
なんとか、自立の道を開かないといけない。
私は、開業資金があれば、商店を開きたい。
なんとか、喰っていける道を作りたい。
ささやかな夢である。
[PR]
# by asai23 | 2006-10-11 19:13 | 生活

一体、いつまでもこのままでいいのだろうか

今週の日曜、娘の運動会だったが、雨がだんだんと降ってきたので、昼から中止になった。昼からの部は火曜日に行なった。火曜日なので、仕事で行けなかった。こういう日に運よく、生産ラインが中止になれば丁度いいと思った。
しかし、月16日以内しか働かない亭主、というのはどういうものだろうか。
自分自身、産業予備軍として認識している。
妻に苦労ばかり、かけさせている。
申し訳ない気持ちだ。
この申し訳なさをどうしたらいいのか、よくわからない。
娘の運動会の日でも、週1の休みなのに、朝早く起きて、おにぎりを作ってくれた。
こういうことは、私がしなければならないのだろう。
本当に申し訳ない。
今まで、生きていていいのだろうか、と悩んだときもあったが、現在はは生きてくぐらいいいだろう、と思うが、私がパートのままでは将来の家族の発展が望めない。
いつか、早く、現在の不安定な産業予備軍状態から抜け出ないと、家族がいつまでも貧乏のままだ。貧乏といっても、パソコンがあり、テレビ、冷蔵庫など家電はあり、後進国の飢餓状態よりは、遥かにましだが、それでも、先進国の中にいる後進国の住人のような気がしてくる。
私くらいの年齢になれば、月収手取りで30万くらい稼ぐのだろう。
それくらいの仕事に早くありつきたい。
一体、いつまでもこのままでいいのだろうか。
[PR]
# by asai23 | 2006-10-06 19:39 | 体調、心

今日は臨時で休み

今日は臨時で休み。
見込み生産でラインを稼動しているので、突発的に中止になったり、増産したりすることがあるらしい。
妻の扶養で暮らしているので、月16日しか働いていない、その上、今日、休んだら、15日。月の半分しか仕事をしていないことになる。
週休2日だったら3週間。
なんて、私は、働いていない男だ。
こんなことでいいのだろうか。
いや、よくない。
かといって、今の仕事先を辞めたら、次の職が確保されている訳ではないので、当分、突発的な中止や増産に付き合いながら、働いていくしかない、と思う。
現在の職場での作業は、いたって、単調なものなので、黙々とやりこなせばいいので、煩わしさはない。病み上がりはこういう仕事から始めた方がいい、と実感した。ただ、あいさつなどは、しっかりしないといけないが、積極性になる練習になる、と思う。あいさつも私には苦痛ではないので、やりすごせばいいのだ。
しかし月15日か。
給料がいくら位だろうな。
早く、私が、正社員になるか、独立自営の道を考えない、といけない。
40歳までには決着をつけたい。
[PR]
# by asai23 | 2006-10-04 17:56 | 生活

今日はメガネのレンズが片方無いまま、仕事へ行った

今日はメガネのレンズが片方無いまま、仕事へ行った。
実はそれに気付いたのは、帰り道、ガソリンスタンドに寄ってメガネを外したとき、左側のレンズがないのである。ここで焦っても仕方がないので、明日は、もう一つある黒縁メガネをかけていこう、と思い、メガネ屋さんへ行った。
メガネ屋さんにレンズをつけたほうがいいのか、メガネを新しくしたほうがいいのか、と訊いた瞬間、持って行ったメガネ・ケースにレンズがあった。が~ん!
ということは、私は、今日一日中、左側のレンズが無いまま、一日を過ごしたのだ。
誰か、それは何の真似だね、とか、メガネのレンズが無いですけど、とか言ってほしかった。
これでは、私は、ただの笑いものである。
そういえば、帰りに寄ったスーパーで、店員が不思議そうな目をしていた。
もしかして、笑いを必死に堪えていたのかもしれない。
めちゃくちゃ、恥ずかしい!
しかし、今日、職場の同僚達は、不思議な顔をしていなかった。
そんなことは気にならないのか。それとも、メガネのレンズを外したまま、余りにも自然な姿でいたから、その姿を受け入れてしまったのか。
メガネ屋さんは丁寧にレンズをつけてくれて、凄い、嬉しかったが、無料だった。
なんとも珍客に出会って、時間の無駄をさせてしまった。
とにかく、今日は恥ずかしかった、というか、今、すごい恥ずかしい気持ちで一杯だ。
これから外出するときは気をつけよう。(苦笑)
[PR]
# by asai23 | 2006-10-02 19:31 | 生活

実は私はよくミスをする

実は私はよくミスをする。
だから、上長の社員に呼ばれたとき、またミスか、と思い、緊張してしまうが、ただの業務連絡だったりして、ほっ、とする。
私の行なっている作業は、ラインに乗せる材料を箱に入っている状態からからケースに入れ替えるのだが、そのケースによく、材料の入っている袋が入っていることがよくある、ということだ。こういうミスが多く続いているので、いつか、解雇されるのではないか、と不安だ。
しかし、今、私が行なっている作業は、私が入社する前は上長の担当社員がパートの穴埋めの様な形でやっていたので、その頃は、もっとハードだったのかもしれない。午前7時台に出勤して、帰宅は午後9時くらいだったのかもしれない。企業にしてみれば、丁度、男手が欲しかったらしいので、私は、採用された。
しかし、ミスが続くと、やはり、いつかは解雇ではないか、と不安だ。
だから、いつも、慎重に材料を出しているつもりだが、なぜか、そういうものが紛れる。
工場内で発見されるようなミスだが、店まで行って、ビニールが紛れていた、というようなクレームがでたら、私は、もう解雇だ。
だから、いつもビクビクしている。
なぜ、単純作業でこうミスが出るのだろう。
集中力がないのだろうか。
ただ、慌てているだけなのだろうか。
もっと慎重に仕事に向き合おう。
[PR]
# by asai23 | 2006-09-28 19:21 | 生活