正直、凹むなぁ!

正直、凹んでいる。
求職活動で、不採用に次ぐ、不採用。
といっても、3社だけなので、まだまだある、と思えばいいが、パートしながら求職活動すればよいではないか、という気もするが、妻の扶養内のパートなので、40歳直前の男がやるようなことではなく、現在の勤務先のパートで仕事しながら、そんなことばっかり頭に浮かぶ。
1社目が生命保険。まあ、仕事が厳しいそうだし、結果次第なので、実績があがらなければ、外資系なので、すぐ馘首になってしまうので、入らずによかったのかもしれない。これはそう納得した。
2社目がワインのコンサルティング営業。ドイツのある一族のワインを店舗には一切置かず、ダイレクト・セールスで売込む、という仕事である。夜8時、9時になってしまい、原則として土、日、祝は休みだが、土、祝は仕事で潰れることがある。しかも21万~29万なので、仕事の割には賃金が低いような気がする、そう思って不採用でも納得した。
3社目が販促の請負会社。リクナビで応募したところ、翌日には、縁がありませんでした、との返事。速攻で不採用!これはショックと思った。
そして、現在は、海外絵本の輸入会社に履歴書を応募したので、その連絡待ち。先週の土曜日に送って、まだ、連絡がない、というのは、感触がないのだろうか。39歳という年齢がネックで不採用にしたいのかもしれない。よくわからないが、連絡を待つしかない。
私は、会社が生産ラインが中止の日は、平日でも休みになるので、その日は面接に充てたい。2/5はその海外絵本の輸入会社の面接にしたいのだが、連絡がないので、今週、一杯、待って、連絡がなければ、次を「B-ing」でチェックした企業に応募して2/5はその企業の面接に充てよう、と思う。何社かあるので、明日も海外絵本の輸入会社から連絡がなければ、応募する企業を絞り込む日としよう。
とにかく、定職について、県営住宅からも引っ越したい、という思惑もある。
頑張るしかない。
[PR]
# by asai23 | 2007-01-31 21:34 | 生活

今日は無為に過ごしてしまった

今日は、現在勤務先の生産ラインが中止日なので、平日でも休みなので、どこか1社でも面接をしたかったが、最近、応募した海外の輸入絵本の会社は履歴書を郵送して、その後、連絡待ちなので、結局、今日は面接できなかった。
仕方がないので、ハローワークに行った。
ハローワークで検索して、応募しても、面接は今日や明日になるので、明日は、出勤なので、プリントだけして帰った。プリントが5枚しかできないのは、なぜか、よくわからない。ハローワークで検索した企業のプリントは従業員数や、資本金、設立年月日などが書いてあり、処遇も明記されており、賃金も記されているが、従業員の声、というのがないので、とにかく、処遇、職種、業種で判断して、訳がわからないまま、面接に向かう。
その初めが、1/16に面接した生命保険の営業で外資系で、面接で真面目でやろうが、不真面目にやっていようが、結果次第だ、結果が悪ければ、外資系なので、すぐ馘首だ、と言われた。こういうところは、内心、嫌だな、と思っていたが、採用されれば自信がつくと思ったが、不採用だった。
だから2社目は「B-ing」でみつけたワイン会社のコンサルティング営業だが、土、祝も潰れることがあり、夜8時、9時まで仕事をするがそれでもいいか、と面接でいわれた。「B-ing」では、そういうことを明記していないので、しっかりこれからは「B-ing」を読んで応募しよう、と思った。このワイン会社のコンサルティング営業も不採用だった。
3社目は海外輸入絵本の会社に履歴書を郵送してその返事を待っている状態。
ところで「B-ing」だが、今日、じっくり読んでみると、意外と自分には縁がなさそうな企業ももしかして、いいかも、と思わせる企業があり、もし、海外輸入の絵本の返事が無ければ、新たに応募して2/5も生産ライン中止日なので、面接しよう、と思う。
とにかく、定職に就かねばならない。
ちょっと、焦っているのかな。
[PR]
# by asai23 | 2007-01-29 21:42 | 生活

昨日はワインの営業の面接だった

昨日はワインの営業の面接だった。
会社は、ドイツのある一族が設立した会社で、世界各国に散らばっており、日本もその一つ。そのドイツの一族のワインをダイレクト・セールスで売込む、というのが仕事である。内容は新規開拓、これは、DMを送り、返ってきたDMの感触で売込めそうなお客に電話を自ら、アポをとり、ご訪問して、試飲していただき、このワインは、こういう料理に合う、とかセールス・トークをして、売込むのである。また、あわよくば、気に入って頂いたお客の紹介をしてもらい、また売込む、という商法である。
この一族のワインは、店舗で売っていない。
ダイレクト・セールスにこだわる理由は、ワインをいいコンディションでお客にお届けしたい、ということからである。
夜は、8時から9時まで仕事になることもあり、原則、土日祝は休みだが、土祝は仕事になることもある、ということである。
一族のワインを売る、完全に100%営業会社である。
研修期間中は給与21万である。
給与体系は21万~29万で、そこに報奨金が加わる、という仕組みである。
かなり、働かせて、低賃金という感じである。
採用される気がなくなったが、採用されたい気分でもある。
採用されると、持ち札が増えて、少しは安心できるのだ。
まあ、結果を待とう。
今度は、また「B-ing」で見つけたが、絵本の輸入会社にアタックしてみよう、と思う。
何しろ、本に携わったのが、出版社で4年、書店で8年なので、本に関われるなら、輸入絵本を保育園や図書館に紹介する仕事とはいえ、幸せだと思う。ここは、絶対、入りたい。まだ、履歴書を書いて、面接をしていないが、入りたい、と思えた。
明日、応募の電話をしてみよう。
[PR]
# by asai23 | 2007-01-24 19:19 | 生活

転職ライブ

先週、土曜日はナゴヤドームでリクルートの転職ライブだったので、出かけてみた。
午前中は、メンタル・クリニックなので、午後から出かけた。
さすがに若い人が多い。
ちらほら、おじさんを見かける。
企業ブースが各社あり、女性活躍、新卒歓迎、35歳以上歓迎ということが一目でわかるマークがブースにはついており、35歳以上歓迎を狙って行ってみた。
う~ん、35歳以上歓迎は、少ないなぁ。当たり前か。
しかも35歳以上歓迎は、ほとんど外食産業なので、その業種の企業ブースだけを廻ったら、現在、パートで勤務している業種が外食産業なので、意味がない、他の外食産業に移るくらいなら、現在の勤務先に頼み込んで、正社員の形にしてくれるよう、しつこく粘る。
ということで、わざと、新卒歓迎のところの企業ブースに行ってみると、およびじゃないよ、という態度。
やはり、若さには負けるなぁ。
ただ、外食産業の企業の一つだけは、話を訊いてみたが、30代~40代が欲しい、と言っていた。50代は体力的にきついので、30代~40代でないと、アルバイト、パートなどを纏められない、そういう能力を求めている、と言われた。話を訊いていると、だんだん、以前の書店の勤務を思いだした。急に休むアルバイトでシフトの調整をしたり、全く人手不足で、忙しかったことなど、業種は違えど、こういう部分は店舗勤務の社員には付きまとうものだな、と思い、これなら、以前の書店に戻るか、現在の勤務先に頼みこんで社員にしてもらうよう懇願する。
結局、35歳以上歓迎の外食産業以外の企業は一つだけで、通信の営業だった。ここは待遇がよく、完全週休2日制、(NTT関連会社なので必然上、土日祝は休みだということ。)リフレッシュ休暇のようなものがあり、午後7時以降は仕事をしない、完全にプライベートと会社を分けて仕事を行なう、と言っていた。ここはいいかもしれない。面接の予約を早速訊いてきたので、早くて2/5以降です、と答えた。
ここもアタックしてみよう。
それはそうとして、明日は、勤務先が生産ライン中止日なので休日なので、自分で「B-ing」から発見したワインの会社の営業職の面接をする。初任給は年齢給をとっていないので、大卒と一緒ですが、いいですか、と訊かれ、はい、と答えた。この際、待遇などには構っていられない。せめて、土日祝が休みであればいい。年始年末、お盆、慶弔が休暇になればいい、有給があればいい、これ以上は求めません。ところで、なぜ、ワインの営業にしたか、というと、ワインに携わるのはトラディショナルな仕事だと思い、誇りを持って仕事を行なえる、と思ったからだ。ワインの営業、大学の先生や経営者などに売り込んでいくのだと思うが、相手が難しいが、やり甲斐はありそうだ。
明日の面接頑張るぞ!
[PR]
# by asai23 | 2007-01-22 19:42 | 生活

不採用!

今日は、火曜日、面接をした企業の二次面接だった。
今回は支社長が応対してくださったのだが、なんで、こういう奴を雇わなくてはいけないんだ、という感触だった。そもそも、一次面接に応対してくださったオフィス長からして笑顔をたたえているもののやはり、なぜ、雇わなくてはいけないんだ、という具合だった。
やはり、出版社の営業実務4年、書店の販売実務8年では、私が面接をして飛び込もうとした業界にはあっていないのだろう。しかも、私の場合、ブランクがあり、最終学歴の学校を卒業して約3年ほどはプラプラしていたので、そこを必ず、突っ込まれ、就職先を探しながら、アルバイトをしていました、と答えるしかなかった。また、出版社から書店に移る場合も約1年半ブランクがあり、それも正社員として雇ってくれる書店を探すまでアルバイトをしていて、そして、今回は書店を退職してから、約1年半ブランクがあるが、まさか、うつで退職せざるを得なかった、とは言えないので、家庭の事情で私がパートをしながら、兼業主夫をして、今は、その家庭の問題も解決しつつあるので、正社員を求人しているところを探している、と答えた。
年齢が40歳直前。しかもブランクだらけ。書店は店長を務めたこともない。
もう、いいところがない。
やはりアウト・ソーシングの工場に行くしかないんだろうか。
しかし、そこに行くまでは、まだ1社しか受けていないので、50社くらい受けてみないとそういうところに落ち着くには気が済まない。
本当は、現在、パートで勤務している企業に正社員として雇ってほしい、というのがあるが、面接のときに働きがよければ、社員にする、と言われたくらいなので、正社員登用制度があるかどうかはっきりしていない。おそらく、パートとして、雇い続けるのが得策なんだろう、と思っているのだろう。
今週土曜日は、リクルートの転職ライブなので、10時からは用事で行けないが、昼から参加しよう、と思う。本当は10時から参加したい。
とにかく、求職活動をやり続けるしかない。
[PR]
# by asai23 | 2007-01-18 19:29 | 生活

正社員の面接を受ける

やはり、契約社員だと採用されても、年度ごとに契約更新しなくてはいけないので、正社員を応募している企業に今日面接した。昨日、ハローワークでみつけた企業である。
完全週休2日制で試用期間も賃金は同一だということだが、結果を出せなければ、必要ではない、という業界である。かなり厳しい営業であるが、チャレンジしたくなってきた。
面接をしている間、15分くらいの紹介ビデオを見せてもらったが、やりがいがある、男女隔てなく公平である、と口々に働いている社員の方々は言っている。
つまり、実績を残せば、仕事などがしやすくなり、給与にも反映され、生き生きしてくるのだろう。反面、実績を残せなければ、必要がない、という世界である。
頑張るしかない。
ただ、採用されれば、ここで頑張るしかないのだが、採用されなければ、また、求職に頑張るしかない。
1/20(土)にリクルートがナゴヤドームで転職ライブを行なうので、行ってみよう、と思う。入場無料、履歴書不用なので気軽に参加できる。スーツは着ていく必要があるのかな。
ただ、こういう職業説明会のようなものにどんどん積極的に参加して、情報を得ていくしかない、と思った。
もう40歳直前なので、本当に仕事が狭められてくるが、どうしても、正社員の形になり、家族の迷惑にならず、大黒柱として支えて生きたい。
今の勤務先で正社員も考えているが、正社員登用制度というのが、はっきりと示されておらず、面接のときに働きがよければ、正社員になれる、と言われただけなので、やはり、他の企業にどんどん、アタックしていこう、と思う。
[PR]
# by asai23 | 2007-01-16 21:52 | 生活

企業から面接の予定時間がメールで届く

企業から面接の予定時間がメールで届いたのだが、18:30からである。しかもその時間帯から約3時間である。う~ん、悩むなあ。
面接を受けるかどうか、はっきりしなくなってきた。
妻と相談してみるか。
しかし、採用されたら、現状よりはよくなるが、採用されるか、わからない。
ただ、契約社員なので、年度ごとに更新しなくてはいけない。
まあ、正社員という立場もホワイト・カラー・エクゼンプションが導入されると、残業代ゼロになるので、めちゃくちゃ、働かされるのだろうな。
もう、労働の現場は酷くなっていく一方だ。
こうやって痛い目に合っても、現政権を支持する必要はない、と思う。
本題に戻るが、妻はまた具合が悪くなり、今日は相談できない、と思う。
企業に返信しなくてはいけないのだが、明日でもいいかもしれない、しかし、早めに返信した方が、入りたい、という熱意が伝わるので、今日、返信したいが、残念ながら、明日にでも返信しよう。
18:30という時間帯は、現在、仕事をしている人に対する配慮かもしれないが、この時間帯から約3時間。21:30か。
ここは、踏ん張りどころなのかもしれない。
ただ年収がどれくらいか、まだ、はっきりしていないが、まあ、妻の扶養内のパートよりは、いいだろう、と思う。
職務経歴書の書き方がよくわからないが、受けてみようか。
[PR]
# by asai23 | 2007-01-11 19:21 | 生活

正月気分も終わりですね

正月気分も終わり。
これからは、平板な日常が続く。しかし、その平板な日常も、変わりつつあるようだ。
大体、正月くらいは、店は休みだったのに、今や、スーパーなどは、元旦から営業している。コンビニが24時間年中無休なのでそれが原因なのだろう。だから、正月も元旦から買える、と思い、おせち料理を用意する家族は減ってきているのではないだろうか。元旦からこれでは、正月と平板な日常の境目がなくなり、休む、ということが、やりにくい世の中になり、世知辛くなってきた。
しかし、元旦からスーパーで働く従業員の方々も正月気分を味わいたいのだろう、と思う。
このまま進めば、正月が無くなってしまうのではないか、と思う。
私も12/30~1/3までの5日間のみの休暇なので、一応、大晦日と正月は味わえたが、12/29~1/5くらいまでは休みが欲しかった。そうなると1/8まで休みになってしまいますね。そういうのは大企業くらいでしょうか。
つい最近まではクリスマス、年末だったのに、あっという間に正月も過ぎ、もうすぐ2月になり、4月には子ども達も進級する。
せめて、子ども達が進級するまでには、妻の扶養範囲内のパートから脱出し、自立した人間になりたい。
うつは回復してきて、たまには、7時間も働けるので、8時間労働はできる、と思う。
会社選びだが、過労しそうなところは避けよう、と思う。
そうなると、黙々とする仕事かなぁ。
[PR]
# by asai23 | 2007-01-09 22:29 | 生活

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今日から仕事始め。
昨日は初詣をしておみくじを引いたら中吉だった。う~ん、少し運気が上がってきたのかな。運だのみではいけないけど、少しは気になる。
現在の勤務先での仕事、というか作業自体には慣れてきた。
約6時間は、働ける。
今度は、8時間勤務を目指して、求職してみよう。
母に言われたのだが、いつまでも、妻の扶養では、情けない、ということらしい。
この言葉にグサッ、ときて、未だに頭から離れない。
だから、早く正社員の形をとらないといけない。
大体、もう、私は、40歳直前なのだ。
40歳と思っていいのだ。
しかも蓄えがない。
本当にピンチである。
60歳になったら、どうするのだ、と母に言われて、危機感が出てきた。
まあ、60歳になったら、高齢者向けの仕事に就けばいいのだが、それまで、もう20年しかない。あっという間に60歳になってしまう。
しつこく、母に、今が働き盛りなのに、と嘆かれてしまった。
その危機感は私は、持っているのだ。
本当に今年は、頑張らねばならない。
正月から、親に嘆かれてしまった。
それはともかく、いい年にしましょう。
[PR]
# by asai23 | 2007-01-04 19:09 | 生活

よいお年を

妻は、子ども達を連れて、実家に帰りました。(泣)といっても年末年始だけですが。
今は、1人で、ブログなどしております。
私も、明日には、自分の実家に帰って、食費を浮かせるつもりです。
といっても1泊だけですが。
12/29まで仕事で1/4からまた仕事なので、休みが尠いのではないか、と妻の扶養のパートの分際で愚痴っています。
どうも1/8も仕事らしいですが、私は、休みにさせていただきました。
とにかく、今は、求職活動をしなくては、と思い、履歴書に書いて郵送するべきですが、年始年末で気分が乗らない、というか、履歴書を書くのは、かなりなハードワークなので、それを思うとただでさえ、お尻で重い私の腰が上がりません。
ちなみに今日、年賀状書きました。
めちゃくちゃ遅いですね。
正月の飾りつけや、鏡もちも供えました。
クリスマスが過ぎると、和風テイストになりますね。
私は紋付袴を持っていませんが、元旦くらいは着てみたいですね。
ブログのスキンも正月用ないのかなぁ。
あったら、変更します。
とにかく、2007年こそは、正社員になろう、と思います。
40歳くらいまでなので、ラスト・チャンスです。
頑張ります。
では、皆さん、よいお年を!
[PR]
# by asai23 | 2006-12-31 14:50 | 生活