今日は通信事業の企業に面接しに行った

今日は通信事業の企業に面接しに行った。職種は営業職。
面接してくださった方は、飛び込み営業があります、それでも大丈夫ですか、と尋ねられてきたので、大丈夫です、と答えた。日によっては夜の10時、11時までかかることがありますが、大丈夫ですか、と訊かれ、内心、辛そうだな、と思ったけれど、大丈夫です、と答えた。
以前、受けたワインのコンサルティング営業も夜の8時、9時までかかるが大丈夫か、と訊かれたが、やはり、残業が続くと、1度、過労で体調を崩したことがあるので、正直なところ、もっとゆったりしたところがいい、と思えてきた。
ただ、今日、受けた通信事業の営業は、成績に給与が反映するので、いい場合もあるが、成績がよくない、と解雇はない、とは言っていたものの、自主的に退職していくらしい。
厳しい。
もう、40歳直前なので、安定した、そして家族のことを考えた職業に就かねばならない。
そういう意味では通信事業はベンチャー企業で不安定だ。成績次第では居づらくなり、退職に追い込まれる、ということも考えられる。
そうなると、腕に職がつくような企業がいいかもしれない。
しかし、そういうところは、給与が低い。
ステンドグラス制作の求人をみたが、18万である。
う~む、興味はあるが、賃金が…。
「B-ing」をもっと、よく見るか。
今月は、もう、平日休みが2/28しかないので、面接ができない。
残念だ。
とにかく40歳直前には仕事を決めよう。
[PR]
by asai23 | 2007-02-05 19:39 | 生活
<< 社会復帰は難しいなぁ 正直、凹むなぁ! >>