初穂料

護国神社の初穂料、強制ではないんですが、といいながら、自治会の会長がやってきた。強制ではないんですが、というのがミソで、強制されているような気がする。妻は払う気はないらしいので、この袋は捨てていいんでしょ、といってきたが、いや、袋は払わなくても、渡さないといけないから、捨てては駄目だよ、といった。
しかし自治会の会長というか、そういう役回りも大変なものだと思った。
初穂料の徴収(強制ではないが)、自治会費の徴収、子ども会の運動会の仕切りのようなこともしていた。こういう役回りは好きでやっているのか、何か選挙で選ばれてやっているのか、この県営住宅に入ってきたばかりなので、よく、わからない。
考えてみれば、私の駐車場を遠くした駐車場の係りの人も好きでやっているわけではないだろう。そう考えると、駐車場も遠くていいか、と思えてきた。しかし、やっぱり不便だけど。まあ、あきらめることにした。近くが空いたら、そこになるらしいが、どうも、そういう気配もない。
そう考えると、いろんな人がいろんなことをやっている。
ゴロゴロしているのは私くらいだ。
何かしなければ、という義務感だけで、実際、何かをしたいわけではない。
退屈になって、何かしたい、という欲求がでてきたら、復職は近いらしい。義務感だけで仕事をしたい、といっているうちは駄目らしい。
考えてみたら、家で寝ていたい、それが正直なところだものな。どこかへ行きたい、というのもない。
[PR]
by asai23 | 2005-10-06 10:07 | 生活
<< 今日はケース・ワーカーの日(Ⅶ) まず娘に宿題をさせねば >>